ビタミンについての基礎知識

ビタミンについての基礎知識

ビタミンは、人間が健康でい続けるために欠かせない栄養素の1つです。

タンパク質や糖質、脂質のように血や肉になったり、エネルギーになったりすることはありませんが、他の栄養素の働きをスムーズにするという大切な役割を担っています。

ビタミンには脂溶性と水溶性があり、その種類は13個もあります。

水溶性のビタミンは、過剰に摂取しても排出されてしまいます。脂溶性のビタミンは体内に蓄積されるので、摂取しすぎると頭痛や吐き気などの副作用が出ることがあります。

ただ、通常の生活においてはビタミンの過剰症の心配はありません。ビタミン剤などのサプリメントを摂取する場合は、上限量を守って利用することが大切です。

生活習慣病の予防としてビタミンを多めに取ろうとすると、食事だけでまかなうのが難しくなってきます。このため、ビタミン剤を利用することになります。

ビタミンは体内でミネラルなどの他の栄養素と関わりあって機能しています。例えば、マグネシウムはビタミンCの代謝を助けていますし、ビタミンEの働きはセレンと一緒の時に高まります。

一つのビタミンだけを過剰に摂取して、バランスを崩さないように心がけたいですね。

 今人気の食材宅配サービス「大地を守る会」 です。
     送料無料のお試しセットはこちら↓↓


いわき市の食材宅配・野菜宅配サービス TOPページに戻る


スポンサードリンク

 

inserted by FC2 system