ほうれん草の健康効果

ほうれん草の健康効果

ほうれん草はとても栄養価の高い緑黄色野菜として知られています。中国では薬の扱いを受けているぐらいで、冷え症や便秘も治すとされています。

ほうれん草は、貧血に効果のある野菜としても知られています。鉄分の含有量は100g中3.7mgと、緑黄色野菜の中ではパセリの9.3gに次いで多いです。さらに、造血効果のある葉酸、鉄分の吸収をよくするビタミンC、血液をきれいにする葉緑素もたっぷり含んでいます。料理の範囲も広く、理想的な貧血予防食品とも言えます。

その他、ビタミンB1、B2、カロテン、カルシウム、カリウムも豊富に含んでいるので、肌や髪をつやつやにして、風邪の予防や高血圧にも効果があります。

また、ほうれん草のアクには、体内でカルシウムと結合して結石の原因となったり、体内の貴重なカルシウムを浪費してしまうシュウ酸という成分があります。

生で食べても1日3kgを1ヶ月以上食べ続けない限り結石の心配はありませんし、ゆでて水洗いすれば、半分以上のシュウ酸は溶けてくれます。

また、鉄分は少量の動物性のタンパク質と合わせると吸収率が高くなるので、ベーコンとほうれん草の炒め物は、とても理にかなった料理だと言えます。

ほうれん草は緑色が鮮やかであり、葉がピンと張った水々しいものが新鮮だと言われています。長さは23センチぐらいのものが美味しく、あまりにも大きすぎるものは味が落ちるようです。

鮮度が落ちるとビタミンCの損失量も多くなるので、できるだけ早めに食べるようにしたいですね。

 今人気の食材宅配サービス「大地を守る会」 です。
     送料無料のお試しセットはこちら↓↓


いわき市の食材宅配・野菜宅配サービス TOPページに戻る


スポンサードリンク

 

inserted by FC2 system