小松菜の栄養素と効能

小松菜の栄養素と効能

小松菜のイラスト

小松菜は、江戸時代に小松川という場所で、かぶとアブラナの交雑から生まれたことから「小松菜」と名づけられた野菜です。(小松川という場所は、現在の東京都江戸川区にあたるそうです。)

ほうれん草にも負けないぐらいの栄養価の高い野菜で、冬野菜の代表として、スーパーでも比較的安価で購入できます。

小松菜には、ビタミンCやβカロテン、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

βカロテンは、小松菜100gで1日の必要量を摂取できるぐらい含まれていますし、ビタミンCも同時に摂取できることで美肌効果や免疫力アップなどの効能が期待できます。

また、カルシウムはほうれん草の3倍以上も含まれています。骨を強化して骨粗しょう症の予防にも役立ちますね。

さらに、貧血の予防に役立つ鉄分や、高血圧予防が期待できるカリウム、細胞の新陳代謝を促進する亜鉛も含まれています。

機能成分としては、インドールやグリコシノレート、アリルイソチオシアネートなどのガン予防の効能が期待できる成分や、悪玉コレステロール値を低下してくれるクロロフィルなども含まれています。

小松菜に含まれているビタミンCは、レバーなどに多く含まれているビタミンB6との相性が良いです。また、肉類や豆類、魚介類などのタンパク質や油脂を含む食品と一緒に食べれば、カルシウムの吸収が良くなります。

ただし、小松菜はビタミンCが消失しやすく、1日おくだけでも3割のビタミンCが失われると言われています。このため、できるだけ新鮮なうちに食べるようにしましょう。

 今人気の食材宅配サービス「大地を守る会」 です。
     送料無料のお試しセットはこちら↓↓


いわき市の食材宅配・野菜宅配サービス

スポンサードリンク

 


inserted by FC2 system